テニスがつくづくマイノリティー競技だと感じた。

再三申し上げてますが

テニスがクローズドな競技だと

つくづく感じています。

1) 場所がない。(個人で公営コートなんざまず取れない)

2) 取れたとしても相手がいない。

(やってる人が少ない。時間が合わない。)

3) なかなか競技できるレベルに到達しない。

4) 並のスクール生は勝てないため、試合に出る前に

クラスを上がることが目的となる(サークル参加の足切りであり、打ちまくるサークルに入れない限り上達は見込めない)

5) 女子はガチ勢とライト勢に分かれ極端

女子のガチ勢は雰囲気クラッシャーがたまにいる

(こういうのはミックスでやると陰湿になりやすい。)

ライト勢は恋人探しだがコーチと対等に出来る男が最低条件なので週に90分の実力では厳しい。

※あるサークルでは女子を引き止めるために

接待に近くなるとのこと

そのたいさくをしないと男だらけになる

これが男性サークル新規参加禁止の原則である

6) 上記理由によりモチベーションを崩し

辞めることになる。

以上より、錦織ブームでテニス人気は出たものの

普及に至っていないなと思う次第である。

広告を非表示にする