第25話 ボイル・シャルルとか勝手にくっつけられても困る

まず理想気体の話から始まるのだが

いきなり

\displaystyle pV = nRT

という等式でやる気をなくす。

もちろん、教科書だとつらつら書いてると紙面が足りないので

それはわかるが、

 

ボイル・シャルルの法則は

17世紀に発見されたボイルの法則と

18〜19世紀に発見されたシャルルの法則を

組み合わせたものである。

 

シャルルの理論は気球の話からきてるというから

興味深い。

 

こういうふうに導入をやって

どうやって組み合わせていくか

という理論にもっていかないと

絶対わからないだろう。

広告を非表示にする