第3話 加速度

2017年現在、京急阪神ってどちらのほうが起動加速度が
大きいのかふと気になりましたが、

たしか、昔はザ!鉄腕!DASH!!ガテン系の番組になる前だと
最高速はさておき、阪神が加速度は速いとかの話だったような気がします。

前置きのたわごとはさておき、
今回は加速度です。

ある時間t1,t2間で変化する速度v1,v2の変化のベクトル

ということになります。
このベクトルは単に速度のtによる微分です。

この微分は平面や空間の中ではそれぞれ、
位置変化における接線と法線に分解できます。


ちょっと待て、、、だから何?
すでに座標系を定義しているのだから、
わざわざ接線と法線に分ける理由がわからない。


そんな戸惑いの中、曲率半径とか出されても、
たしかに概念的には円の幾何学でやっているのでわからなくもないが
腑に落ちない。

そんな記憶を復習していて呼び起こした。

広告を非表示にする