第13話 並進 VS 回転 の章

最初に並進って言葉がわかりにくい言葉だなと思った。

要は物体の平行移動なのだが、
作図とかの話を思い出してしまう。


座標系の変換あたりで
慣性座標系に対して、2つのパターンを議論することになるはず

・慣性座標系に対して並進運動する座標系

慣性座標系に対して回転する座標系

 

 

どちらもまた慣性系であるというお話です。

最後は地球の自転の話に持って行っているので

地動説の証明な話と

・剛体力学の説明の前段

コリオリの力を通じての熱力学への前段

という印象を受けました。

 

このあとは2体運動と剛体をさらっと書いていきます。

広告を非表示にする